土生商船(株)・しまなみ海運(株)・弓場汽船(株) 安全・安心で安定的・継続的なサービスとおもてなしの心をお届けします。

しまなみ海運株式会社

しまなみ海運株式会社

社長挨拶

柳田耕助しまなみ海運株式会社は、竹原~大崎上島~大崎下島の高速船航路(竹原~めばる~一目~天満~沖浦~明石~大長)、大崎上島~大崎下島(明石~小長)フェリー航路そして生口島~三原(沢~須波)のフェリー航路の運航をおもに行っています。
いずれも島しょ部の重要な生活航路を担っていると自負しております。「地域に愛される会社」のスローガンのもと、地域の皆様から信頼され、可愛がっていただける船会社を目指し、お客様が毎日の生活の中で気持ち良く安心してご乗船利用いただけますよう、おもてなしの心でサービスの拡充に努めております。現在の便利な交通事情においては、旅客船事業は大変厳しい環境にありますが、当社グループの経営理念であります「安全・安心で安定的・継続的なサービス」の提供を行うため、これからも積極的にそして創意工夫をしていきたいと考えております。これからもしまなみ海運株式会社に、皆様の一層のご支援とご愛顧をお願い申し上げます。

代表取締役 柳田 耕助

会社概要

商号  しまなみ海運株式会社
所在地 〒723-0014  広島県三原市城町3丁目1番1号
電話/FAX(0848)64-8527


因島営業所
〒722-2323 広島県尾道市因島土生町1684番地2
電話(0845)22-1337
FAX(0845)22-9388

設立 平成元年5月
資本金 1,000万円
代表者 代表取締役 柳田 耕助
業務概要 海上旅客貨物取扱代理業
回漕店事業
貸切船(高速船・フェリー・屋形船)
船舶貸渡業
不定期航路事業
電気配線工事事業
一般旅客定期航路事業 竹原~大長(中国第514号)
一般旅客定期航路事業 明石~小長(中国第518号)
ゆたか海の駅
保有船舶 《1》船舶
(1)高速船
かがやき2号 19t 360ps×2基
(2)フェリー
第五かんおん 135t 360ps
第二かんおん 291t 1400ps

沿革

平成元年5月 「三原回漕株式会社」(代表取締役 弓場丞)として、因島と三原間の高速船、フェリーの切符販売、回漕業務を開始。
平成11年12月3日 「しまなみ海運株式会社」へ商号変更。
平成13年12月 観光遊覧船「屋形船 菜月」を建造、運航開始。
平成19年4月 労働者派遣事業(電気配線工事、船舶艤装工事)を開始。
平成21年2月20日 竹原~大長間の一般旅客定期航路事業が認可される。(中国第514号)
平成21年4月1日 竹原~大長航路、航路開始。
使用船舶 かがやき2号 14t 定員50名
平成21年5月 フェリー「第五大入島」を購入。
「第五大入島」を「第五かんおん」へ船名変更。
平成21年10月2日 明石~小長間の一般旅客定期航路事業が認可される。(中国第518号)
平成21年11月1日 明石~小長航路、航路開始。
使用船舶 第五かんおん 135t 定員95名
平成21年12月 フェリー「第二さんよう」を購入。
「第二さんよう」を「第二かんおん」へ船名変更。
平成27年10月 三原~生口島航路、譲受け。運航開始。
フェリー「やっさもっさ」を購入。
「やっさもっさ」を「第七かんおん」へ船名変更。

 

所在地

三原港桟橋

「土生商船グループ」代表電話番号 TEL 0845-22-1337 受付時間 8:30 - 17:00 [ 土・日・祝日除く ]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 土生商船グループ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.